りゅうのガンプラ デポ

昔作ったガンプラや最近作ったガンプラの紹介がメインです。

【比較】RG ガンダムアストレイ レッド・ブルー・ゴールドフレーム(武器編)

こんにちは、りゅうですっ(^^)

 

かなり間が開きましたが、前回の続きとなるアストレイのゴールド・レッド・ブルーの比較の武器編をやります(汗)

前回は機体の比較をしましたが、色とデカールが違う以外は基本的に同じものでした。

www.gunpla-myhistory.com

色違いの同じプラモを3体も作るのは、結構モチベーションがないと途中でダレる所ですが、この3機の製作にはだいぶ間があったので、比較的気持ちよく作ることができました。

 

では武器の紹介を始めます。

まずはレッドフレームからいきたいと思います。

f:id:ryu-shiho:20211110201223j:plain

最も特徴的なのは、なんと言っても実体剣である「ガーベラ・ストレート」です。

ガーベラ・ストレートは「菊一文字」の英訳と言うことで、見づらいかもしれませんが、鞘の真ん中辺にもデカールで貼られています。

刀剣ブームがあったおかげで知ってる方も多いかもしれませんが、私は何作目か忘れましたが、ファイナルファンタジーで登場した武器で知りました。

(忍者が使ってたような気がするから3?)

 

f:id:ryu-shiho:20211110201402j:plain

刀身には銀メッキ処理が施されています。

 

f:id:ryu-shiho:20211110201411j:plain

柄に覆われて見えなくなってしまうけど、ちゃんと銘が切られています。

こういうこだわりは嬉しいですねっ!

 

f:id:ryu-shiho:20211110202305j:plain

刀を持たせてみました。

ぎこちない姿勢ですが、両手で持たせるのはかなり厳しいです。

手首の角度が取れず、無理するとすぐにパーツが外れてしまうのです(汗)

 

f:id:ryu-shiho:20211110202648j:plain

片手であれば問題なしっ!

ただ、刀が長すぎるのと、鞘を脚のパーツに差し込む取り付け方の都合で、左右方向への角度がほぼ取れないため、持ったまま鞘から抜くのは無理でした。

 

f:id:ryu-shiho:20211110203100j:plain

 

続いては、ブルーの「M68キャットゥス500mm無反動砲」です。

f:id:ryu-shiho:20211110203316j:plain

大きなバズーカ砲です。

形状は結構カッコいいと思うんですが、レッドの武器に個性がありすぎて、私としては、いまいちインパクトに欠けるな〜って感じました。

 

f:id:ryu-shiho:20211110203413j:plain

弾倉の部分は取り外しが出来る様になっています。

弾倉を固定する感じで可動するギミックも加えられているので、多少凝った作りになっています。

 

f:id:ryu-shiho:20211110203750j:plain

最近のバスーカ系の武器は、グリップ部分が可動するので手首に優しいです。

 

f:id:ryu-shiho:20211110204118j:plain

ブルーはもっと色々な武器を使っていたイメージがあったのですが、このキットではブルー固有の武器はこれだけです。

 

ゴールドの固有武器は「350mmレールバズーカ ゲイボルグ」

f:id:ryu-shiho:20211110204233j:plain

こちらは正真正銘、巨大なバズーカ砲です。名前は。

レールバズーカとあるから、実際には大口径のレールガンなのでしょうか。

まぁデカい火器はバズーカって事なのでしょう。

 

f:id:ryu-shiho:20211110204322j:plain

武器の形状としては、バズーカ系の中では結構特徴的な形をしてると思います。

でもバズーカ的な火器では、形や持ち方といった全体的なシルエットがブルーと被ってしまうので、お互いで特徴を殺し合ってしまっているなと思いました。

 

f:id:ryu-shiho:20211110204414j:plain

ただ、ゴールドには秘技の片腕落ちがあるので、こっちの形態ならばシルエット的にも特徴を際立たせられます(笑)

 

それ以外の基本武装は以下の通り、3機共通です。

f:id:ryu-shiho:20211110204503j:plain

f:id:ryu-shiho:20211110204518j:plain

これでは、まさしくタダの色違いで終ってしまう(笑)

アストレイ系は結構たくさん機体バリエーションがあるようで、マスターグレードだとレッド・ブルーで幾つか出ているようですが、リアルグレードだとレッド・ブルーはこの1機づつだけです。

リアルグレードでのゴールドフレームは、結構バリエーションがあります。

そちらも今後、色々と違いを見ながら紹介していきたいと思います。

 

以上、ガンダムアストレイ レッド・ブルー・ゴールドフレーム(武器編)でした。

最後までご閲覧頂ただき、ありがとうございました。